感想・レビュー

ゴーストオブツシマ【感想】爽快感ある日本風アサクリに満足!

ども、ゲーム好きまぐろです。

今回はPS4ソフト「ゴーストオブツシマ」の感想を書いてみようと思います。

InFAMOUSシリーズを開発しているSucker Punch Productions(サッカーパンチプロダクションズ)が手掛けているゲームです。

 

ゴーストオブツシマ

詳細

プラットフォーム:PS4

発売日:2020年7月17日

ジャンル:アクション/アドベンチャー

プレイ人数:1人

 

感想

おすすめポイント

敵を倒す爽快感、まるで和風アサクリ

やっぱり私が気になっていた楽しいバトルアクションなのかどうか?

ゴーストオブツシマには2タイプを切替えながら戦います、切り替えると言っても煩わしくなく正面から戦うか、隠れながら1人づつ倒してゆくかの違いです。

アサシンクリード:オリジンズかオデッセイをやったことがある人はわかるかなと思います。

 

侍:正面からの切り合いアクション

ストーリー進行で覚える四つの型を駆使して敵に合わせた型で切り合います。

冥人:隠れながらのステルスアクション

背後からの暗殺や忍具、鈴や爆竹を使って相手を誘導するなど、忍者のような戦い方をします。

 

これはほんと2時間ぐらいプレイをするとスッと手になじみ侍と冥人両方を駆使しながら楽しめます。

 

操作方法はこんな感じ

 

風景の綺麗さ

ファンタジーな対馬を表現している本作は、風景がとても幻想的で綺麗です。

緑・赤・黄色など色彩に癒されました、日本をここまで美化していただけるとは開発に感謝!!

綺麗な風景を生かす為に、簡易マップUIは廃止し、「誘い風」という風が道標となってくれています。

※オプションメニューに全体マップがあります。

どーしてもクリアまで慣れませんでしたがUI関連が極力省くことでゲームへの没入感はアップしていると思います。

おもしろポイント

弓を打つときの言葉

敵が弓を打つ前に「どーしよう!」って叫ぶので、これがまたシュールw

ぜひプレイしたら聞いてもらいたい!!

温泉が和む

所々にある温泉、体力最大値UPの効果があるんですが、このポイントで私も休憩を入れるようにしていました。海外の人から見ると、日本=温泉なイメージがあるのかな??

 

まとめ

全体を通して目新しいシステムはありませんが、全てが満足いくように出来上がっています。

 

メインストーリーも飽きさせることなく最後まで一気にプレイすることができました、サブクエストもたくさんあり、全てこなすには50時間超えるのでは無いでしょうか。

 

間違いなく、

2020年のトップ3に入るゲームになると思います。

 

海外のゲーム会社の完成度は、ほんと高くて楽しますよね。

 

まぐろ
日本の会社もここまでの完成度で作ることが出来たらいいのになぁっ。

サッカーパンチの作った「inFAMOUS Second Son」もすごく面白かったので、今度またやってみようと思います。

 

RECOMMEND

no image 1

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれる点がブログ投稿とは異なります。まずは、サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを ...

-感想・レビュー
-,

© 2022 まぐろゲーム